• 並んだ野菜

    高級品と安い物を差別化

    年のこう言った無農薬野菜等には宅配するサービスによる簡単な提供方法が出来上がって

  • ピーマン

    時代のニーズに合ったサービス

    機野菜や無農薬野菜と言うのは作るのに手間暇がかかる上に出荷方法にも気を使うので、

野菜

日本は成熟した社会になり、高齢者も増えてきています。
特に団塊の世代が定年退職となり、仕事をやめて家にいる時間が増えました。
これにともない、これまでの生活を見直す気運が強まってきました。
若いころのようにたくさん食べることもなくなり、良いものを適量食べたいと思うようになってきているのです。
そういった世代は仕事をリタイアして、余った時間で自家栽培をする人も増えてきています。
そこで、本来の野菜の味を知った人は、普段食べていたスーパーの野菜はなんだったのだろうと思いなおす人が増え、野菜に対する見方が大きく変わっています。
そのため、本来の野菜の味を求めた有機野菜のような安全安心な商品に注目が集まることが予測されます。

最近、多くなっている野菜の直売店については、朝取れた野菜をそのまま店頭に並べています。
この野菜は登録されたさまざまな生産者が持ち込みを行っているわけですが、食品衛生法に触れない、という決まりはあるものの、栽培方法に明確な決まりがあるわけではありません。
規格内あれば、農薬、化学肥料など使用の制限もないでしょう。
その現状を考えると、安全性は国にゆだねられていることになります。
一方で、有機野菜、無農薬栽培、その他特別栽培という概念には一定の線が設けられています。
さらに、これらが宅配業者より納品されてくる場合には、業者の基準もクリアしておかなければなりません。
その分、より安全な商品が供給されているといえます。

こういった宅配の有機野菜、無農薬野菜の生産者の中には、消費者を招いてその農作業の見学、生産参加に協力している人もいます。
実際にその野菜が育てられている生産者にあって話を聞くことができるだけではなく、その土地の風景はもとより、空気や土のにおい、そこに存在する生き物達の食物連鎖までも感じることができます。
さらには、一緒に農作業をして、その後、収穫された野菜を使用した料理を楽しむことができれば、その野菜がより味わい深く感じ、さらに親しみがわくものです。
また、これらに触れることで、自家栽培について意見交換をすることもできますし、こういった活動から共感して、農家となって第二の人生をはじめる人まで出ています。

オススメリンク

並んだ野菜

高級品と安い物を差別化

近年のこう言った無農薬野菜等には宅配するサービスによる簡単な…Read more
ピーマン

時代のニーズに合ったサービス

有機野菜や無農薬野菜と言うのは作るのに手間暇がかかる上に出荷…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031